マイナー山「大野山」を攻める。

0

    前回の大山登山以降、すっかり登山モードに入ってしまい、次々と登山計画をプランニング。とはいってもド素人。知識もないのでひとまずパンフレットでオススメしている「大野山」というのを、次のターゲットに決めた。大山と同じ丹沢山系で比較的ビギナー向け。標高700m前後の「足慣らし」ハイキング。今回も義母、通称「おかん」を誘ってのトライである。

    大野山へは「御殿場線」という、国府津始発のローカル線を使う。始発がまさかの9時過ぎ。かつての東海道線というが、商売っ気は全く感じられない。以前の秩父線同様、スイカも使えない。

     

     

    大野山の山頂はかつて牧場だった。今もその名残を思わせる風景が広がる。

     

     

    言っても700m級。スカイツリーの高さを越える。若干の緊張を覚えるも、ゆるすぎる看板に脱力。

     

     

    山頂付近からの風景。箱根大涌谷の煙が見える。写真には写ってないが、左に大島、さらに、江ノ島。その奥には三崎城ヶ島や房総半島も見える。さらに右手には愛鷹山、そして富士山。この360度大パノラマが大野山の見どころのひとつ。

     

     

    ふもとには丹沢ダム。

     

     

    大野山山頂。

     

    登り始めは急勾配が続くシーンもあったが、今回は比較的「ラクショー」な登山となった。それは前回の大山が過酷すぎたということもあるが、ある程度足ができてきた、と思いたい。山頂にはトイレくらいしかないので、速やかに下山。この日は平塚の七夕。浴衣姿のかわいい高校生カップルがほほえましいと感じつつ、おっさんは帰宅。一応「真田丸飾り」だけ写真撮ったけど。



    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    profile

    BOOKS

    links

    search this site.

    others