これはおすすめ!3DSのバッテリーを大容量化する

0
    息子の3DSのバッテリー寿命がそろそろ尽きかけてきた。娘のと同時期に購入したはずだが、なぜか圧倒的に寿命が短かった。使用頻度の問題だろうか。そういえば、彼はゲームをしていない時間以外は、すべてゲームに費やしているように思う。かわいそうだが、自業自得だ。

    とはいえちょっと不憫に思えてきたので、バッテリーを交換してやることに。そうだ、せっかくの機会だから、前から気になっていた大容量バッテリーを実装してみたらどうか。うまくいけば、家族ドライブ中にシガーソケットを3DSで独占されることがなくなるはず。

    思い立ったが吉日。さっそくAmazonでググってみる(←誤用)。すると、おお、けっこうあるある。サイズやカバーデザインはもとより、価格も結構まちまち。どれがいいのか即断しづらいが、価格の安い製品のレビューをよく見ると、危ない危ない、結構な不具合を訴える声が多いじゃないですか。「サイズが微妙に合わない」「すぐに電池切れになる」なんていうのはかわいいほうで、「ゲームが落ちました」「ケースが溶けました」「火事になりかけました」なんていう恐ろしいコメントも。非純正バッテリーという特性上、ある程度のリスクは仕方ないのかもしれないが、3DSを延命するために自分の寿命がちぢんではたまったものではない。少々高額でもいいから、なるべく信頼性の高いものがいいだろう。急がば回れだ(意味不明)。基準は「★1」レビューがない製品。となるとわりと絞られる。その中から、今回チョイスしたのがMUGEN POWER社の「Nintendo 3DS用 大容量内蔵バッテリー Pro」だ。



    「Nintendo 3DS用 大容量内蔵バッテリー Pro」は、標準の4.4倍の容量をもちながら、比較的コンパクトな大容量バッテリー製品。カバー色もボディにあわせて3色に対応していて(選べるんじゃなく、全部ついてくる)、専用ドライバーも付属している。価格は他社製品よりお高めだが、PSE取得済とあって信頼性は折り紙つき。レビューを見ても、少なくとも記事を書いている時点では最も評価がよい商品の部類に入る。といっても、実物を見るまではまだまだ安心できない。

    商品が届いてまず驚いたのが、バッテリーとカバーが別梱包だったこと。なるほど、カバーはオプションなのね。と、そこは納得しとこう。さっそく「ゲームセンターCX 3丁目の有野」に夢中の息子から3DSを取り上げ、交換作業開始。

    まずは、付属のドライバー背面のカバーを開ける。4箇所のネジを緩めると簡単にオープン。長年使い込まれた風格が、カバー内部の様子からも感じ取ることができる(要するに汚い)。



    次に、純正のバッテリーを取り外す。長らくお疲れ様でした。といいつつ、もちろん一応捨てずにとっておく。念のため。

    いよいよ大容量バッテリーを取り付ける。おお、こうやって比べると、相当デカイ!付属のカバーよりデカイんじゃないかと思ったが、そんなことあるわけないことは、筆者以外たぶん誰もが気づいている。出っ張った箇所がもともとのバッテリーの位置にくるように、金属の接触部分を合わせるようにセットすればOK。問題ナシ。



    最後は、付属の専用カバーを、本体のカラーに合ったものを取り付ける…と思ったら、何を思ったのか「カバーは赤がいい」と息子が主張。せっかく本体と同じ白カバー付属のセットを選んだのに、なにゆえツートンか。



    というわけで、とくに何事も無くアッサリ終了。その見た目はというと…。おお、意外にもツートンにしたことで、元のフォルムが損なわれていないw。これは怪我?の功名かっ。ミラクルは受験までとっておけ、息子よ。



    さて、気になる使用感はどうか。以前より少々ずっしりくるボディーは、手にとった感じも前とは違う。でも、悪い感じではなく、むしろフィット感という点では前よりいいかもしれない。厚みが増したことで、操作が安定したのだ。これは想定外。もちろん、人によって、ゲームによってはデメリット要素になるかもしれないが、あとは各個人のプライオリティの問題だろう。少なくとも、我が家ではメリットのほうが大きかった、と思う。ちなみに、非ライセンス製品なので、バッテリー交換はあくまで個人の責任で。トラブっても誰も助けてはくれない。そして、重ね重ね言うが、息子の3DSは汚い



    ところで、肝心の「稼働時間」だが、2週間程経ったので息子に訪ねてみたら「そういえばまだ1回くらいしか充電してない」という。商品の信頼性の前に息子の記憶力から疑うべきだと思うが、体感的に申し分ない性能を備えていることは理解できる。4.4倍は理論値っていうわけではなさそうだ。来月に控える夏休み。予想される長旅、渋滞。子供をどれだけ「黙らせておくか」は、子を持つ親の課題。少々お高めだが、検討しても損はないかもしれない。
     

    コメント
    コメントする








       

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    profile

    BOOKS

    links

    search this site.

    others