ヤビツ峠から塔ノ岳登山(プチ遭難)

0

     

    金時山登山以降不安定な気候が続いていたが、ついにしびれを切らし、週間天気予報のわずかな「晴れ」マークを見つけて、半ば強引に出掛けることにした。今回の挑戦は「塔ノ岳」。例によって嫁母(通称オカン)を拉致っての挑戦。標高1500m。総工程15km。推定6時間30分のコース。金時山が少し物足りなかった我々に、塔ノ岳はじゅうぶんな手応えがあると想像している。結果、その想像をはるかに越え、山の恐ろしさを思い知る羽目になろうとは、この時点ではまだ知る由もない。

     

     

    ロードバイクでは中間地点として毎度訪れている、ヤビツ峠頂上。今回は秦野からここまでバスで来た。余裕を持って出発したつもりが、バス停前でまさかの大行列。2本ほどバス待ちして、ようやく到着。AM9:00登山スタート。

     

     

    ヤビツ峠から1.6kmは、ほぼ舗装道路。もう登りの全行程の5分の1を消化。楽勝?この看板を目印に「表尾根」を登っていく。

     

     

    塔ノ岳は山荘が多いという事前情報。序盤にそれはあまりなく、かわりに廃墟となった建物が点々と。

     

     

    連日の雨の影響か、山道はぬかるみ、岩はすべる。それでも高難度な局面はおとずれず、全然ラクショー。だと思ってた。このあたりでは。

     

     

    第一目標「二ノ塔」の直前。となりには、以前登った「大山」山頂が見える。

     

     

    もうすこし登ると、眼下にさらなる絶景が。曇ってるのが残念。大山方面には、登ってきたヤビツ峠も見える。

     

     

    「二ノ塔」到着。もう、そこそこ満足感あるんですけど。あれ、まだ半分も進んでない?

     

     

    ところどころに「アザミ」が咲いている。巨大なタンポポみたい。「三ノ塔」を目指す。

     

     

    「三ノ塔」到着。山小屋があったが、中は空っぽ。トイレはない。まだお昼には早いが、早々にランチを始める登山者も。

     

     

    三ノ塔から見る次の目標「烏尾山」は、まさかの眼下。直感で事態の深刻さを知る。せっかく1200m地点にいるのに、なんとここから一気に200mくらい下って、また150mくらい登らなければいけない。塔ノ岳はこの「三ノ塔」からの尾根歩きが本番なのだ。

     

     

    休憩もほどほどに出発。三ノ塔からの下りはかなりスリリング。下りに強いオカンも、景色にびびる。

     

     

    下り終えてふりかえると、もう、完全に崖レベル。見るんじゃなかった。もともと予定にはないが「表尾根をふたたび帰る」選択肢は、この時点で消えた。

     

     

    「烏尾山」到着。このあたりから帰りの時間を考え始める。時間もやや押している。まさか日暮れにはならないと想定していたのでライトは持ってない(のちに激しく後悔)。山では何時頃から暗くなるのか。

     

     

    「烏尾山」から「行者岳」の区間は、全行程で最もハード。ガイド本では、この短い距離で75分となっている。難所も多く、すれ違えないポイントで発生する渋滞に焦りを感る。オカンの足も限界が近づいているのか、立ち止まる回数が増える。

     

     

    「行者岳」到着時点で、約1時間押し。塔ノ岳山頂まであと2.3km。ここから山頂までは難所はほとんど存在しないが、それを知らない我々にとって、この2kmはとてつもなく遠く感じる。

     

     

    山頂についたのは14:30。予定から1時間30分押し。晴れていれば絶景が拝めたはずだが、午後から霧が出てしまい、山頂につく頃には、10m先も怪しい状況に。

     

     

    あまり時間はないが、休憩も必要。せっかくドリップの準備もしてきたので、コーヒーを淹れる。

     

    15:00、大倉方面に下山開始。予定時間は2時間30分。下りは比較的時間通りに進行できる可能性が高い。17:00くらいには舗装路に出てるだろう。それまでに暗くならなければいいが…。

     

    途中、雨に振られたりもしたが、16:30くらいまでは順調に下山がすすむ。が、その頃から急激に暗くなり始める。まだ標高は700m越。大倉のバス停はだいたい標高200m地点だから、まだあと500mも下らなければならない。

     

    見晴茶屋で最後の休憩。みなヘッドライトを装着しはじめている。17:00をまわると、足元すらはっきり見えなくなってくる。応急処置として、iphoneを懐中電灯モードにして、足元を照らす。光量は少ないから、オカンがすぐ後ろにいることを、常に確認しながらゆっくり進む。もう、これは人間が山にいることが許される暗さではない。クマに襲われたらアウト。

     

    途中、同じようにライトを持たないグループと、それをサポートするファミリーのグループと合流。自然とファミリーが前、我々スマホライト組が後ろを担当し、前後を照らしながら進む。この時点で、オカンのiphoneも使っているので、明るさはまあまあ。iphoneすげえ。

     

    18:00。舗装道に出る。達成感ではなく、ただただ、安堵感のみ。あとから聞いた話では、オカンも相当怖かったらしいが、下山中、それを口には出さなかった。それは俺も同じだった。

     

    まとめ

    ガイド本では「大野山」の次に紹介されている「塔ノ岳」。山ガールの切り抜き写真で楽しく紹介されているので来てみたが、ハイキングで数回登った程度の我々にとっては、あまりに「本気」すぎる山だった。挑むには、あまりに準備不足。専用靴やウェア、とくにライトの重要性を思い知った登山になった。コーヒー飲んでる場合じゃなかった。

     

     

    しかばねは、そうなんしかけた。げざんご、もんべるで、へっどらいとをてにいれた。

     

     



    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    profile

    BOOKS

    links

    search this site.

    others